会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:NHKスペシャル『シリーズマネーワールド資本主義の未来』

<<   作成日時 : 2017/04/05 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


NHKスペシャル
シリーズ マネー・ワールド 資本主義の未来
“トランプ経済”は世界を変えるのか!?



2017年4月2日に放映された番組。
MCは、爆笑問題。

結局、政策論争というのは、ジャンケン大会みたいなもの。
1千人くらいの論者がいれば、その中の誰か1人くらいは言い当てる。

そのときの優勝者のセリフは、「だから、オレの言った通りだろ」と。
この決めセリフは、結果論です。

ジャンケン大会が始まる前に、優勝者を予想することはできません。

マクロ経済に関しては百家争鳴、議論はいつまでも平行線。
「君子危うきに近寄らず」なのか、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」なのか。

口角泡を飛ばす専門家のご高説よりも、人工知能AIのご託宣のほうが信頼がおけそう。
マクロ経済はビッグデータなのだから、人工知能AIによく馴染む。

人工知能AI が経済予測をするとなれば、経済学者やエコノミストは失業するかもしれない。
人工知能AI が分析したフリップをTV番組で見せるだけなら、MCだけで番組は成り立つわけだし。


この番組を視聴していて、「おっ、これは?」と注目したのが、次の書籍。
文藝春秋SPECIAL
2017年春号[雑誌]

文藝春秋

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 文藝春秋SPECIAL 2017年春号[雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

番組の中盤、フランスの歴史人口学者の研究室で、その机に積まれてありました。
2か月前(2017年2月)に発行されたもので、NHKが手みやげで持参したのかな。

興味をそそられる1冊です。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:NHKスペシャル『シリーズマネーワールド資本主義の未来』 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる