会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
パワーポイント資料は、こちら。

zoom RSS 公認会計士高田直芳:会計ソフトの見栄えの良さに騙される

<<   作成日時 : 2017/10/26 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


会計ソフトの見栄えの良さに騙される


税理士公認会計士という職業柄、複数の会計ソフトを使いこなしています。
特に市販の会計ソフトは、いくつかを使い分けており、その完成度の高さには、いつも驚かされています。

ただし、会計ソフトの出来栄え・見栄えがどれだけ素晴らしくても、それを入力する側の能力が低い場合、とんでもない貸借対照表や損益計算書ができあがります。

個人事業や中小企業でよくあるのが、会計システムの現金勘定がマイナスになっているケース。
それって、現金勘定と預金勘定とで、入り繰りが起きている証拠だから、注意したほうがいいですよ。

また、手提げ金庫の中には数千円の現金しかないのに、会計システムの現金勘定が数百万円にものぼるケースを見かけることがあります。
それって、経営者が、現金をワシづかみにしている証拠だから、気をつけたほうがいいですよ。

最近では、人工知能AI 搭載を謳い文句にする会計ソフトも登場しているようです。

人工知能AI が有効に機能するのは、ヒトが正しい行動をとってこその話。
会計ソフトの現金勘定がマイナスになったからといって、人工知能AI が打ち出の小槌を振ってくれるわけではありません。

現金勘定が大幅なプラスになったとき、う〜ん、人工知能AI は、社長に内緒で、ビットコインなどに流用するかもね。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:会計ソフトの見栄えの良さに騙される 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる