会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:加重平均資本コスト率を微積分して企業価値を求める解法

<<   作成日時 : 2017/10/01 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


加重平均資本コスト率を微積分して
企業価値を求める解法



次の関連記事では、加重平均資本コスト率WACCに絡めて、企業価値や事業価値を語る愚かさを説明しました。
【資料1:関連記事】

上記の関連記事では、次の【資料2】に示す加重平均コスト率を積分しなければ意味がない、とも説明しました。
【資料2】
\[\displaystyle \large WACC = \frac{D}{D + E} (1-t) \cdot r_{d} + \frac{E}{D + E}r_{e} \]\[\displaystyle \begin{eqnarray}
D &:& {\rm{他人資本(負債の部)}} \\
E &:&{\rm{自己資本(株主資本)}} \\
t &:& {\rm{法定実効税率}} \\
r_d &:& {\rm{他人資本コスト率(負債コスト率)}} \\
r_e &:& {\rm{自己資本コスト率(株主資本コスト率)}} \\
\end{eqnarray} \]

今回は、上記【資料2】を積分した結果(方程式)を、下記【資料6】に掲げました。

その前にまず、上記【資料1】の関連記事で述べたことを、次の【資料3】で復習しておきます。
【資料3】
  1. 通常、負債コスト率は株主資本コスト率よりも低く、しかも負債には節税効果が働く。

  2. したがって、負債を増やすほど節税効果が働き、加重平均資本コスト率(以下、WACCと略称)は低下する。

  3. ところが、負債を増やしすぎると倒産リスクが増大し、負債コスト率が急上昇するため、WACCは反転上昇する。

  4. 上記 (2) と (3) から、WACCには、低下から上昇へ向かう「極値」があるはずであり、そこを「最適資本構成」という。

  5. ファイナンス論で有名な「MM理論」によれば、最適資本構成となるところで、企業価値や事業価値は最大となる。

  6. ただし、WACCから直接、企業価値や事業価値を論ずるのは誤りである。

  7. なぜなら、上記 (2) と (3) から明らかなように、WACCは「ある曲線」の接線の傾きを表わすにすぎないから。

  8. 上記 (7) の「ある曲線」を、企業価値曲線・事業価値曲線・最適資本構成曲線と名付けることにする。

  9. 上記 (8) の曲線を求めるためには、【資料2】のWACCを積分する必要がある。

  10. ところが、現代の経済学やファイナンス論では、誰一人として「積分する解法」を見出しておらず、「実務での検証が望まれる」といった形で、お茶を濁している。

専門書やビジネススクールなどで、加重平均資本コスト率や企業価値・事業価値を論ずる者を見かけたら、それは他者の教科書などをコピー&ペーストしているだけ。

次の関連記事で紹介したように、ノーベル賞受賞者・山中伸弥教授のいう「阿倍野の犬実験」に喩えるのも、おこがましいというべきか。
【資料4:関連記事】

アメリカの研究者がアメリカの犬は頭を叩いたら「ワン」と吠えたという論文を発表すると、日本の研究者は、日本の犬も頭を叩いたら「ワン」と吠えたという「日本の犬実験」の論文を書く。

さらにひどい研究者は阿倍野区の犬を調べてやはり「ワン」と吠えたという「阿倍野の犬実験」の論文を書く。

そういう誰かの二番煎じ、三番煎じの研究はするなというのが、「阿倍野の犬実験はするな」という言葉の意味です。


ということで、【資料2】を導関数 \(\displaystyle f(w) \) とし、これを積分した原始関数を \(\displaystyle F(w) \) として、次の【資料5】(1) → (2) → (3) の順で展開していきます。
【資料5】
\[\displaystyle f(w) = \frac{D}{D + E} (1-t) \cdot r_{d} + \frac{E}{D + E}r_{e} \tag{1} \] \[\displaystyle F(w) =\int f(w) dw \tag{2} \] \[\displaystyle F(w) = \int \left( \frac{D}{D + E} (1-t) \cdot r_{d} + \frac{E}{D + E}r_{e} \right) dw \tag{3} \]
上記【資料5】の各記号は、【資料2】をそのまま用いています。
また、【資料5】にある \(\displaystyle w \) は、加重平均資本コスト率 \(\displaystyle WACC \) の略号です。

上記【資料5】 (3) 式の積分を実行すると、次の【資料6】になります。
【資料6】
\[\displaystyle F(w)= \frac{\ln D - \ln (D + E)}{(1-t) \cdot r_{d}} + \frac{\ln E - \ln (D + E)}{r_{e}} + C \]

上記【資料6】は原始関数ですから、【資料3】(4) の極値を求めることができます。

それに対し、【資料2】の \(\displaystyle WACC \) は導関数ですから、極値を求めることができません。


さて、あとひと仕事。

上記【資料5】の方程式は、どのような形状を描くのか。
これは次の拙著201ページ〔図表31-6〕に掲載しています。
会計&ファイナンスのための数学入門
高田 直芳〔日本実業出版社〕
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 会計&ファイナンスのための数学入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

上記【資料5】の方程式や、上掲書に掲載している図表は、私のオリジナルです。

日本だけでなく、欧米の専門書や学術論文を探しても、これらと同じ方程式や図表は存在しません。

なぜなら、【資料3】(10) にある通り、日本だけでなく欧米の学者や実務家の誰一人として、加重平均資本コスト率 \(\displaystyle WACC \) を積分する解法を示していないからです。

加重平均資本コストや企業価値などで、「阿倍野の犬実験」を繰り返している人たちを見ていると、ヘソで茶を沸かしてしまう今日この頃です。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:加重平均資本コスト率を微積分して企業価値を求める解法 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる