会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:複素関数“i”の高みから管理会計の滑稽さを見物する

<<   作成日時 : 2017/12/29 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


複素関数“ \( i \) ”の高みから
管理会計の滑稽さを見物する



次の関連記事では、現代の管理会計論や原価計算制度が、いかに愚かなものであるかを説明しました。
【資料1:関連記事】

今回は、現代の管理会計などに、“ ”を用いた複素関数論で殴り込みをかけると、その愚かさや滑稽さが倍増する、という話です。
次の関連記事で説明した「虚数解」の親戚筋にあたります。
【資料2:関連記事】

会計の第一人者だと勘違いしている人や、その権威の前で土下座している人には、以下の会計物理学(複素関数論)は、まったく理解できない話なので、シッポを巻いて、とっとと立ち去ってください。

さて、次の関連記事では、季節変動が起きる理由を説明しました。
【資料3:関連記事】

上記の関連記事の要点をまとめると、次の通り。
【資料4】
  • 繁忙期が「善」で、閑散期を「悪」とみるのは、勘違いも甚だしい。
  • なぜなら──、
    • もし、春夏秋冬の四季を通して、ずっと繁忙期の企業があるとしたら、その状態は「悪」であり、それを改善するために、その企業は設備や人員を増強するインセンティブが働くから。

    • もし、春夏秋冬の四季を通して、ずっと閑散期の企業があるとしたら、その企業はリストラに取り組むインセンティヴが働くから。

  • 山(繁忙期)があるから、その反射的な効果として、谷(閑散期)が現われる。
  • 谷(閑散期)があるから、その反射的な効果として、山(繁忙期)が現われる。
    • そうなると、繁忙期が「善」で、閑散期が「悪」という価値判断は誤りであることがわかる。
  • 本当の「悪玉」は、1年間で、繁忙期と閑散期を繰り返すビジネスモデルそのものにある。

  • そのビジネスモデルを改善するために、企業は、設備や人員を増強したり、リストラを断行したりする。

そこで問題となるのが、次の点
【資料5】
  • 繁忙期や閑散期をならすことは可能なのか。
    (季節変動をなくすことは可能なのか)

  • むしろ、季節変動を所与の現象として受け入れ、それを前提に企業活動を展開すべきなのか。

結論を述べると、繁忙期や閑散期をならすことは不可能であり、企業は、季節変動を所与の現象として受け入れ、企業活動を展開する必要があります。

それを、以下で、複素関数を用いて証明してみましょう。


季節変動というのは「山あり、谷あり」を繰り返すのですから、そこに三角関数が内蔵されていることは明らかです。

ということは、企業活動は、その本質として、余弦関数や正弦関数を内蔵しているはずなのです。

それを、どうやって炙り出すか。


次の受賞論文3ページ〔図表3〕(または、その下にある研究大会発表論文2ページ〔図表1〕)では、【資料7】にある関数を掲載しています。
【資料6】
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文
『会計学と原価計算の革新を目指して』(PDF32枚)
執筆者(受賞者)公認会計士 高田直芳


日本公認会計士協会 研究大会 発表論文
『管理会計と原価計算の革新を目指して』(PDF12枚)
執筆者(発表者)公認会計士 高田直芳

上記【資料7】を、タカダ式費用関数(タカダ式コスト関数)といい、その導出方法は変数分離形や置換積分法を用いる必要があり、これについては次の関連記事を参照。
【資料8】

タカダ式費用関数を描写したのが、次の【資料9】にある曲線ABCDEです。
【資料9】タカダ式操業度分析
画像

上記【資料7】の式や、【資料9】の曲線ABCDEは、その本質を複利計算構造とするものです。

それは、次の企業活動を観察した、私の経験に基づいています。
【資料10】
  • 製造業に勤務する人であれば、工場内の各工程を観察してみてください。

    • 工場内に無数に存在する工程に、材料費・労務費・経費を次々と投入していくと、無限回数の振り替え計算が行なわれていることがわかります。

    • 材料・仕掛品・製品などが入庫と出庫を繰り返し、コストが徐々に膨張していく姿は、無限回数の複利計算を行なっていることと同じです。
  • 流通業に勤務する人であれば、店舗に置かれた商品を観察してみてください。

    • 日々仕入れた商品は、棚に補充したそばから、消費者へ次々と販売されていきます。

    • 膨大な商品が入庫と出庫を繰り返し、コストが徐々に膨張していく姿は、無限回数の複利計算を行なっていることと同じです。
  • 財務や経理に携われる人であれば、手元にある帳簿を観察してみてください。

    • 上場企業のような大規模組織になると、帳簿に記帳される仕訳の数は、1日で数百行や数千行にものぼります。

    • 振り替えの仕訳を含めれば、年間では数億行や数十億行の仕訳の数になります。

    • 入金と出金を無限回数で繰り返すその様は、無限で連鎖する複利計算を行なっていることと同じです。
  • 株式市場や仮想通貨市場を観察してみてください。

    • 人気が沸騰すればするほど、限りなくゼロに近い時間軸の中で、膨大な数の取引が行なわれます。

    • 買いが買いを呼び、売りが売りを呼ぶその経済現象は、無限回数の複利計算を行なっていることと同じです。
  • マクロ経済の産業連関表を観察してみてください。

    • ある産業で生産された中間財は次の産業へ投入され、そこで生産された中間財は次の産業へと投入されていきます。

    • その流れは、マクロ経済レベルで、無限回数の複利計算を行なっていくことと同じです。

ところで、【資料7】の式や、【資料9】の曲線を、いくら眺めても、これらからは三角関数が浮かび上がりません。
なぜなら、これは「オモテの関数」だからです。

上記【資料7】の式を引っ繰り返した「ウラの関数」を示すと、【資料11】になります。
【資料11】\[ \large z=b \cdot e^{ix} \]

【資料7】は「オモテの関数」であり、【資料11】は「ウラの関数」です。
【資料11】は、電気工学などで用いられる、複素関数論または複素解析の様式に従っています。

上記【資料11】の右辺は、次のように展開できます。
【資料12】\[ \large e^{ix} = 1 + \frac{(ix)}{1!} + \frac{(ix)^2}{2!} + \frac{(ix)^3}{3!} + ... \]
    \[ = \left( 1- \frac{x^2}{2!} + \frac{x^4}{4!} - \frac{x^6}{6!} + ... \right) + i \left( \frac{x}{1!} - \frac{x^3}{3!} + \frac{x^5}{5!} - \frac{x^7}{7!} + ... \right) \]

ところで、余弦関数 と正弦関数 は、次のように展開されます。
【資料13】\[ \large \cos x = 1- \frac{x^2}{2!} + \frac{x^4}{4!} - \frac{x^6}{6!} + ... \] \[ \large \sin x = \frac{x}{1!} - \frac{x^3}{3!} + \frac{x^5}{5!} - \frac{x^7}{7!} + ... \]

上記【資料13】を、【資料12】の2行目にある式に代入すると、次の通り。
【資料14】\[ \large e^{ix} = \cos x + i \sin x \]

よって、【資料11】の「ウラの関数」は、次のように書き換えることができます。
【資料15】タカダ式複素費用関数(タカダ式複素コスト関数)\[ \large z= b \cdot e^{ix} \]    ↓\[ \large z=b \cdot ( \cos x + i \sin x ) \]
上記【資料15】を、「タカダ式複素費用関数」または「タカダ式複素コスト関数」といいます。


以上の証明から明らかなことは、【資料7】にあったタカダ式費用関数 \( y= b \cdot e^{tx} \) は、これを裏返すとタカダ式複素費用関数 \( z=b \cdot e^{ix} \) となり、これは三角関数を内蔵していることがわかります。

すなわち、会計物理学の立場からすれば、企業活動には三角関数が内蔵され、季節変動は不可避な現象であることがわかります。
企業がどのように努力しようとも、繁忙期と閑散期とをならすのは不可能だということ。

上記【資料5】を、こうして証明することができました。


あと1つ、証明しておくことがあります。
それは、タカダ式費用関数 \( y= b \cdot e^{tx} \) と、タカダ式複素費用関数 \( z=b \cdot e^{ix} \) は、同じものなのか、異なるものなのか。

結論は、同じものです。

なぜなら、【資料11】のタカダ式複素費用関数に対して、経済学の利潤最大化条件「限界収入MR=限界費用MC」を組み込むと、【資料6】の受賞論文10ページにある〔図表12〕の(4)式、すなわち、次の【資料16】にある「最大操業度売上高」を、同様に導くことができるからです。
【資料16】最大操業度売上高\[ \large z=a \cdot ( \ln a -\ln b) \]

上記【資料16】の右辺では、虚数単位 \( i \) が見事に消えることから、タカダ式複素費用関数は経済理論にもよく馴染む構造です。


高校生の頃、「虚数や複素数が、将来、何の役に立つのだ!」と反発した人は多いと推測しています。

いま、企業活動を読み解くのに役立つことが、おわかりいただけたでしょう。


以上の命題とその証明は、私1人だけが扱えるものです。
会計学者が何千人いようとも、会計の専門家が何万人いようとも、彼ら(彼女ら)は誰一人として扱うことができません。

なぜなら、現代の会計学は、企業活動を、1次関数で捉えているからです。
管理会計論のCVP分析(損益分岐点分析)しかり、原価計算制度の公式法変動予算しかり。

これらは次の関連記事で説明したように、1次関数の単利計算構造で構築された理論です。
【資料17:関連記事】

また、現代の経済学は、企業活動を、2次関数または3次関数で捉えています。
経済学者は、三角関数どころか、複利計算構造さえ理解していない。
【資料18:関連記事】
そんな理論で、企業活動の本質を解き明かせるわけがない。

権威主義の前で土下座をしている人たちよ、たまには顔を上げて、おのれの額についた泥を拭(ぬぐ)ってみてはいかがかな。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:複素関数“i”の高みから管理会計の滑稽さを見物する 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる