会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 税理士 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:読者からの質問タカダ式バリュー度と供給の価格弾力性の求めかた

<<   作成日時 : 2018/02/12 02:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


読者からの質問
タカダ式バリュー度と
供給の価格弾力性の求めかた



このブログ経由にしろ、出版社経由にしろ、直接のお問い合わせに対して、私(高田直芳)から直接回答することは、まずありません。

私から直接メールを送信すると、それを奇貨として「著作権の二次使用の許諾を得た」と暴走する者が、過去にいたからです。
弁護士法人に一任したので、私が煩(わずら)う事件ではなかったのですが。

とはいえ、何も音沙汰なし、というわけにもいかないので、「この質問内容は、優れているなぁ」と感心したものを、このブログで紹介することにします。

すでに公表されている書籍の補足説明ということで、ご了承ください。
また、著作権の二次使用を許諾したものではないので念のため。

過日、次の拙著224ページにある〔図表6-22〕のタカダ式バリュー度に関して、秀でた質問を頂戴しました。
高田直芳の実践会計講座
「経営分析」入門

高田 直芳〔日本実業出版社〕
amazon.co.jpで買う
高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

質問内容を要約すると、次の通り。
【資料1】

『経営分析入門』224ページに記載されている「タカダ式バリュー度」または「供給の価格弾力性」の算出について。

  1. 指数関数で近似した総コスト関数の2階微分が供給の価格弾力性だとしているが、何の変数で微分しているのか。

  2. 指数関数は、無限階数で微分可能だが、どこの微分値を求めているのか。

  3. イオンのデータを使って、2階微分して、特定の期の売上高を代入しても、〔図表6-21〕のような値にはならないが。

  4. そもそも、売上数量で微分するのであれば、コスト関数と売上高と利益だけから、求められないのではないか。

上掲書『経営分析入門』を上梓してから、かなりの歳月が経過し、当時、何を書いていたのか、さっぱり忘れてしまいました。

思い出せるものを、以下で記述することにします。


上記【資料1】1. について。
用いる変数は、売上高のみです。

伝統的な管理会計論で採用される損益分岐点分析(CVP分析)や、原価計算論で採用される公式法変動予算では、時間や数量などを、変数として採用しています。

活動基準原価計算(ABC/ABM)ともなると、移動距離やコピー枚数も、採用するらしい。
ご苦労なことだ。

それに対し、タカダ式操業度分析が採用する変数は、売上高のみです。


上記【資料1】2. について。
微分は1階、多くて2階どまりです。
(微分は、1回・2回ではなく、1階・2階と表記します)

指数関数は確かに、無限階の微分を行なうことができます。
純粋な数学の世界であれば、無限階数は議論の対象になるのでしょうが、企業実務では1階または2階です。

何の書籍に書かれてあったのか、うろ覚えで恐縮なのですが、物理学者の砂川重信先生または戸田盛和先生の著作に「物理学は数学と異なり、微分は2階までで事足りる」という趣旨の記述があったと記憶しています。

ニュートンの運動方程式( \(\displaystyle m \frac{d^2x}{dt^2} = F \) )を、3階も4階も微分しても意味がない、ということです。
ここらあたりは、物理学の素養の有無が試されるといえるでしょう。

私(高田直芳)が創設した会計物理学も同じであり、男は「1度」勝負します。
(といいつつ、実際には、3度も4度も勝負しますが)


上記【資料1】3. について。
次の手順を踏みます。

まず、イオンの決算データから、タカダ式費用関数( \(\displaystyle y=b \cdot e^{tx} \) )を導出します。
導出方法については、『経営分析入門』155ページなどを参照。

導出されたタカダ式費用関数は、経済学でいう「総費用関数」です。

経済学によれば、総費用関数の「接線の傾き」が、限界費用曲線になります。
さらに、この限界費用曲線が、供給曲線になる、といのが、経済学の教えるところです。

限界費用曲線、供給曲線、供給の価格弾力性の関連については、次の関連記事を参照。
【資料2:関連記事】

イオンのデータでタカダ式費用関数(総費用関数)を求めた後、これを基礎として、限界費用曲線(供給曲線)を求めます。

そして、原点Oから狙いを定めて、「供給の価格弾力性」を求めれば、『経営分析入門』224ページの〔図表6-21〕を描くことができます。

自然科学系の論文でときどき騒がれるような、意図的な操作は、拙著の図表にはありません。
高田会計事務所のサーバーに、原本となるプログラムを保管しています。
(ただし、プログラムを公開することはありません)


上記【資料1】4. について。
販売数量や生産数量で微分できるのは、単一種類のものを大量生産している企業だけです。

現在の企業は、多品種少量どころか、多品種「微量」生産です。
しかも、直接作業よりも、売上高に直接貢献しない間接部門の比重が高い。
工場の自動化や、人工知能AIの進化が、拍車をかけています。

個々の製品ごとに販売数量や稼働時間を調べ、それぞれの総費用曲線や限界費用曲線(供給曲線)を描くことは、たとえ人工知能AIをもってしても不可能です。

そういう苦労はやめて、売上数量ではなく売上高一本勝負で行こう! というのが、タカダ式操業度分析です。

その応用として、セグメント別に売上高関数( \(\displaystyle y=x \) )とタカダ式費用関数( \(\displaystyle y=b \cdot e^{tx} \) )を求め、そこからセグメント別の営業利益などを求めて、セグメント別の業績評価をしましょう、ということを、次の関連記事で説明しました。
【資料3:関連記事】

以上の経過をたどる途中で、『経営分析入門』224ページ〔図表6-22〕にあるタカダ式バリュー度を描いてみてください。
ただし、個人的な趣味の範囲内で。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:読者からの質問タカダ式バリュー度と供給の価格弾力性の求めかた 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる