会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:ワイエルシュトラス関数再び

<<   作成日時 : 2018/03/29 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


ワイエルシュトラス関数
再び



次の関連記事では、タカダ式費用関数や、タカダ式複素費用関数などを持ち出しました。
【資料1:関連記事】

上記のブログを編集しているとき、ワイエルシュトラス関数を思い出したので、以下の話を参考までに残しておきます。

ワイエルシュトラス関数は、次の関連記事で取り上げました。
【資料2:関連記事】

ウィキペディア『ワイエルシュトラス関数』で掲載されている式を示すと、次の通り。
【資料3】ワイエルシュトラス関数\[\displaystyle \large w(x) = \sum_{ n = 0 }^{ \infty } a^n \cos \left( b^n \pi x \right) \]

上記【資料3】は、1872年に公表されたものです。

これが公表される以前、連続する関数は、その曲線上のあらゆるところで微分可能なもの、と考えられていました。
それは誤りである、としたのが、【資料3】です。

上記【資料3】のワイエルシュトラス関数 \(\displaystyle \large w(x) \) は、あらゆるところで連続していますが、あらゆるところで導関数を得られないことを主張しています。


当時はもちろん、いくつかの問題で、微分不可能な関数があることは認識されていました。

例えば、次の青チャート84ページ〔本例題51〕(1) の式は、\(\displaystyle \large -\infty \) から \(\displaystyle \large +\infty \) まで連続していながら、\(\displaystyle \large x=2 \) では微分不可能です。

【資料3】のワイエルシュトラス関数は、あらゆるところが連続しているにもかかわらず、微分不可能な関数であることを示しました。

高校1年で数学に挫折している場合ではないことがわかります。


ワイエルシュトラス関数と同様の議論が、ウィキペディア『コッホ曲線』にもあります。

こういう「フラクタルの世界」が、私(高田直芳)が創設した会計物理学とどのような関係があるかというと、いろいろと面白い話があるんだな、これが。

タカダ式操業度分析で、がやがや、わいわい、と騒いでいるレベルではないのです。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:ワイエルシュトラス関数再び 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる