会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:自計化の嘘

<<   作成日時 : 2018/03/16 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


自計化の嘘


自計化とは、経理業務などを外部委託(アウトソーシング)せず、内部で完結させることをいいます。
市販の会計ソフトはかなり洗練されてきており、自計化は時代の流れだといえるでしょう。

ところが、毎年、確定申告の季節になると、個人事業者や中小企業から嘆きの声を聞くことになります。
なぜ、現金勘定がマイナス残高になるのかと。

会計ソフトがどれだけ高度化しようとも、人工知能AIがどれだけ進化しようとも、貸借対照表の現金勘定がマイナス残高になる不思議は、解消されないようです。

例えば、前払金勘定と前渡金勘定とは、どのように使い分けるのか。
人名勘定は、補助科目で管理したほうがいいのか、枝番管理のほうがいいのか。
親会社の債権(または債務)と、子会社の債務(または債権)は、なぜ、増加する一方なのか。

第1ボタンを掛け違えると、どんなに高価な服で着飾っても、不思議なスタイルになってしまいます。

次の関連記事では、経理業務が人工知能AIに代替されときの混乱ぶりを述べました。
【資料1:関連記事】

貸借対照表の現金勘定がマイナス残高になったとき、人工知能AIはどのような警告を発するのかな。
とくと拝見させてもらうことにしよう。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:自計化の嘘 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる