会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:フェルマーの最終定理のはるか手前で立ち竦む

<<   作成日時 : 2018/04/08 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


『フェルマーの最終定理』の
はるか手前で立ち竦む



先日、ゴルフ練習場での打ちっ放しを終えて、そこのラウンジで一休み。

ふと思いつくものがあり、マスターにことわって、ペーパーナプキンを2枚ほど拝借する。
水性ボールペンを使って次の問題を解きました。
【資料1】

斜辺 \(\displaystyle \large c \) と他の2辺の和 \(\displaystyle \large (a+b) \) がともに平方数となるもので、最小の解となるピタゴラス三角形を求めよ。


上記の問題は、ピエール・ド・フェルマー(1607-1665)が考えたものであり、その解は現在、次の通りとされています。
【資料2】\[\displaystyle \large \begin{eqnarray} \left\{ \begin{array}{l} a = 4565486027761 \\ b = 1061652293520 \\ c = 4687298610289 \end{array} \right.\end{eqnarray} \]

解そのものを求めるのは不可能だとしても、凡人としてはせめて、【資料2】の正しさを証明できないか、と思案する。

ラウンジのテーブルで、頭を抱えること1時間。
ペーパーナプキンに、次の証明を書き留めました。
【資料3】
まず、【資料2】より、\[\displaystyle \large a^2 + b^2 = 219707682620172 \times 10^{11} \tag{1} \] \[\displaystyle \large c^2 = 219707682620172 \times 10^{11} \tag{2} \] \[\displaystyle \large \therefore (1) = (2) \] したがって、【資料2】の数値は、ピタゴラスの三角形になることがわかる。

次に、\[\displaystyle \large c = 4687298610289 = 2165017^2 \tag{3} \]また、\(\displaystyle \large a+b \) は次の通り。\[\displaystyle \large a+b= 5627138321281 = (1009 \times 2351)^2 \tag{4} \]上記(3)式の \(\displaystyle \large 2165017 \) 、(4)式の \(\displaystyle \large 1009 \) および \(\displaystyle \large 2351 \) は、いずれも素数であり、平方数を構成する。

したがって、【資料2】は【資料1】の解になる。
──以上、証明終わり。

こういう証明を、フェルマーは17世紀に、紙と鉛筆だけで見つけたのだろうな。

フェルマーの本職は弁護士であり、数学への取り組みは余暇活動だったとか。
数字に強いはずの税理士公認会計士が、【資料3】の証明に1時間も頭を抱えているようでは、「オレ、どうするよ」と、しばし落ち込む。


フェルマーに関連して、しばしば引用されるのが、次のフレーズ。
【資料4】『フェルマーの最終定理』サイモン・シン(青木薫訳)96頁

私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない。


いわゆる「フェルマーの最終定理」を、フェルマー自身は解いていない、というのが定説。

電卓がない時代に、【資料2】の解を見つけるのだから、ひょっとしたらフェルマーは「最終定理」を解いていたのではないか、と思えてしまう。

なお、フェルマーの最終定理そのものについては、次のブログで言及済み。
【資料5】

コトの真偽はともかく、フェルマーが述べるのであれば、「カッコいいなぁ」となる。

自ら何一つ実績を上げたことのない者が、フェルマー気取りでいると、テーブルに置かれたナポリタンを10皿分、食べたくらいの胸焼けを起こす。

これとよく似ていて、しばしば胸焼けを起こすものに「会計の世界で、ブラック・ショールズ・モデルを活かそう」と、理念だけは立派な主張をする人たちがいます。
おいおい、まずは自分でやってみなよ、と心の中で呟く。
【資料6:関連記事】

ところで、ゴルフでは、邪念があると却って力が抜けて、グッドショットを放つことがあります。

翌日、ティーグラウンドでドライバーを握りながら、上記の証明を暗算したのですが、まったく効果がなかった。
凡人には、フェルマーの御利益は利かないようだ。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:フェルマーの最終定理のはるか手前で立ち竦む 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる