会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:数学TAさえ使いこなせない会計とは何か

<<   作成日時 : 2018/06/25 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


数学TAさえ使いこなせない会計とは何か


次の日経記事を読んで「ようやくか」といった印象。
【資料1】日本経済新聞2018年6月25日
  • 早大・政経学部の入試改革
    入学後に必要な能力測る(教育)

数学1Aが必修となるのは、ほんの少し前進。
というか、数学1Aも学ばずに、会計を語る人がいるのかよ、というのが、率直な印象です。

確かに、現在の会計基準や会計本は、縦書きにしても読めてしまう。
数学がまったく登場しないから。

複素数を基礎にした数学UBや、指数対数を微分積分する数学VCなんて、論外なのでしょう。

管理会計で、損益分岐点分析が蔓延(はびこ)る理由が、よくわかる。
そりゃあ、中学の算数で理解できるとしたら、ここが限度さ。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:数学TAさえ使いこなせない会計とは何か 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる