会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:最適資本構成の過去問で言葉遊びに興じる人たちがいる

<<   作成日時 : 2018/07/04 02:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


最適資本構成の過去問で
言葉遊びに興じる人たちがいる



先日、書店で過去問題集を見ているとき「う〜ん、これはヒドイ……」と呆れ返ってしまったのが、資本構成に関する問題。

毎年のように出題されていながら、そのすべてが文章題だけで作問されている事実に絶句。

資本構成というのは「資本」と名が付くことからわかるように、他人資本と自己資本との構成割合を求めるもの。

貸借対照表を勘定式で作成した場合、他人資本は右上に、そして自己資本は右下に配置されます。

同時に、損益計算書に計上される資本コスト(営業外損益や配当)を組み合わせて、加重平均資本コスト率WACCを求め、これをベースに他人資本と自己資本の構成割合を求めるのが、最適資本構成またはMM理論と呼ばれるものです。

したがって、具体的な決算書を問題文に掲載して、受験生に具体的な数値を求めさせるのが、企業実務に役立つ問題であるはず。

ところが、書籍に掲載されている過去問は、そのすべてが文章題だけで構成され、適切な一文を選ぶだけのものばかり。
これが毎年のように出題されている。

そして解説の終わりは、決まって次の文で結ばれています。
【資料1】

現在の通説では、最適資本構成に関する一般公式や実務解はない。


これでは企業実務に役立つものとはいえず、文字通り「言葉遊び」の世界。
「こいつは、ひどい……」と呆れ返る私の心情を察して欲しいものであります。


先ほど、加重平均資本コスト率WACCを紹介しました。
これは次の(1)式で表わされます。
\[\displaystyle \large
{\rm{WACC}}= \dfrac{D}{D + E} (1-t) \cdot r_{d} + \dfrac{E}{D + E}r_{e} \tag{1}
\]\begin{eqnarray}
D &:& {\rm{他人資本(負債の部)}} \\
E &:&{\rm{自己資本(株主資本)}} \\
t &:& {\rm{法定実効税率}} \\
r_d &:& {\rm{他人資本コスト率(負債コスト率)}} \\
r_e &:& {\rm{自己資本コスト率(株主資本コスト率)}} \\
\end{eqnarray}

上記(1)式は、書店に並ぶ書籍で頻出するものなので、説明を要しないでしょう。

問題は、これ以降にあります。
すなわち、作問者たちは上記(1)式で満足してしまい、あとは「一般公式や実務解はない」で締めくくる。

それが過去問題集に、毎年、文章題だけが掲載されている理由です。


では、(1)式から先を、どうするか。
学者が解決しないのであれば、実務家が解決するしかありません。

上記(1)式を \(\displaystyle \large f(x) \) と置いて、これを積分すると、加重平均資本コスト率の原始関数 \(\displaystyle \large F(x) \) を得ることができます。
それが次の(2)式です。
\[\displaystyle \large F(x)= \dfrac{\ln D - \ln (D + E)}{(1-t) \cdot r_{d}} + \dfrac{\ln E - \ln (D + E)}{r_{e}} + C \tag{2} \]
( \(\displaystyle \large C \)は積分定数)

上記(2)式を微分すると、次の一般公式を得ることができます。
\[\displaystyle \large x= \frac{r_e}{r_d + r_e } \tag{3} \]

例えば、他人資本コスト率を \(\displaystyle \large r_d= \)1% とし、自己資本コスト率を \(\displaystyle \large r_e= \)10% とした場合で、これらの数値を上記(3)式に代入します。

その結果、 使用総資本に占める他人資本の構成割合は \(\displaystyle \large x= \)90.9% (自己資本の構成割合は \(\displaystyle \large x= \)9.1% )となります。

これが資本構成の実務解です。


現在のような低金利時代であれば、他人資本コスト率は 0.5%前後で設定したほうがいいかもしれません。
自己資本コスト率については、目標ROEを採用したほうがいいでしょう。

例えば、他人資本コスト率を \(\displaystyle \large r_d= \)0.4% とし、目標ROEを \(\displaystyle \large r_e= \)8% として、これらの数値を(3)式に代入した場合、 使用総資本に占める他人資本の構成割合は \(\displaystyle \large x= \)95.2% (自己資本の構成割合は \(\displaystyle \large x= \)4.8% )にまで高まります。


上記(3)式は、使用総資本に占める、他人資本と自己資本それぞれの割合を求める式です。

他人資本と自己資本を直接組み合わせた、いわゆるDEレシオから導かれる一般公式も、(2)式の原始関数から導くことができ、それは次の(4)式になります。
\[\displaystyle \large x=\frac{r_e}{r_d} \tag{4} \]

上記(3)式や(4)式は、次の関連記事で、公式集としてまとめてあります。
【資料2:関連記事】

以上が低金利時代における資本構成の実務解。
言葉遊びに興じている人たちに、(2)式以降は、まったく理解不能な展開です。

そうした彼ら(彼女ら)に、次の言葉を進呈しましょう。
【資料3】日本経済新聞電子版2014年8月23日付
    「数字の裏づけのない資料の価値は、ゼロに等しい」

    孫正義ソフトバンク社長


次の関連記事では、上場企業の過半数が、実質無借金である事実を紹介しました。
【資料4:関連記事】

これだけ長く低金利が続く時代では、使用総資本に占める他人資本の構成割合が高まることはあっても、自己資本の構成割合のほうが高まることはあり得ない。

それにもかかわらず、実質無借金の企業が増加の一途にあって、企業経営者が「のほほん」としていられるのは、資本構成の問題が文芸評論に堕している証左です。

上記【資料4:関連記事】で紹介した日本経済新聞の記事が指摘するように、それがニッポン経済の停滞に繋がるのだとしたら、その責任は、実務で役立たない文章題を作り、それを嬉々として解いている人たちにある。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© 2015 TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:最適資本構成の過去問で言葉遊びに興じる人たちがいる 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる