会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:現場で額に汗して実務に携わる者だからこそ気づくものがある

<<   作成日時 : 2018/08/23 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


現場で額に汗して
実務に携わる者だからこそ
気づくものがある



2018年8月21日付の日本経済新聞『春秋』は、「なるほどぉ〜」と頷く内容でした。
【資料1】日本経済新聞『春秋』2018年8月21日

調査からは、働く時間が長い人ほど学ぶ割合が高い傾向も読み取れる。上司や同僚に刺激を受けるなど、「啓発されることは働くほどあるからではないか」と(略)。

もちろん労働時間は短くしたいが、仕事の中に「気づき」があるわけだ。多少横道にそれても、肥やしになるならよしとしたい。


忙しいときほど、無性に小説が読みたくなることがあります。
そういうときは、栞(しおり)を挟んで「ここまで」と決めて読むようにしています。

さすがに、就寝前に、数学や物理学の方程式を解くことはしませんが。
夜中に目がさえて、眠れなくなったことがあるから。


自営業では他者から啓発を受ける機会が少ないので、インターネットを利用して独習している人たちのサイトを、密かにヒイキにしたりしています。

定年退職した人の園芸サイトや、医師を目指している学生の受験サイトなど。

会計事務所の仕事というのは、年中行事の繰り返しであって、ときどき飽きることがあります。
異業種の人たちの取り組みは、自らにとっての啓発となり、新しい発見があるので、それが楽しい。


ただし、それをすぐに仕事に当てはめようとするのは、職業病といえるかも。

例えば、補助簿と人名勘定とを、どのように使い分けるか。
色とりどりに咲き誇る花壇や鉢植えがアップロードされた画像に、そのヒントを見ることがあります。

預金勘定と借入金勘定には補助簿を設定し、売掛金と買掛金には人名勘定を設定するといった工夫をしてみる。

いや、買掛金は主要簿にとどめ、仕入高のほうに人名勘定を設定したほうが、コスト管理に役立つ、と気づくことがあります。

上記の日経記事にもあるとおり「仕事の中に『気づき』がある」のです。


次の関連記事では、外形上は区別が付かないのに、有償支給取引は妥当であって、循環取引は破綻することを述べました。
【資料2:関連記事】

象牙の塔の中で教科書や問題集を解いているだけでは、有償支給取引と循環取引との区別には気づかない。

現場で額に汗して、実務に携わる者だからこそ、気づくものがあります。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:現場で額に汗して実務に携わる者だからこそ気づくものがある 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる