会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 税理士 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:NHKスペシャル・アインシュタイン消えた天才脳を追え

<<   作成日時 : 2018/08/04 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


NHKスペシャル
アインシュタイン
消えた天才脳を追え



噂には聞いていたけれど、まさか断片の一部が、このニッポンにもあるとは思わなかった。
世界中に散逸していて、半数近くが、その所在不明という事実にも驚く。

保管状態も、その後の研究成果も、かなり杜撰。
1955年当時では仕方ないのか。

次の関連記事でも紹介したように、物理学者の究極の夢は、この地球上でブラックホールを生成すること。
【資料1】

完成すれば、この地球は一瞬にして飲み込まれるだろう、ということが予測されています。


クローン人間は、すでに存在していると噂されています。
その目的は、常に健康な臓器と入れ替えること。
NHK『思考実験バラエティ−!もしもの世界 死なない薬が作れたら?』の1つになるのかな。

ブラックホールといい、死なない薬といい、科学にまつわる話題では、ときどき次の日経記事を思い起こす。
【資料2】日本経済新聞『大機小機』2018年1月26日

科学(者)は時に暴走しうる。

ダウドナ氏は著作で、原子爆弾の父といわれるロバート・オッペンハイマーの発言を引く。

「科学者は技術的に甘美なものを見つけたら、まずやってみる。それをどう使うかなどということは成功した後の議論、と考えるものだ」


それにしても、『思考実験バラエティ』の出演者は、みな個性的。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:NHKスペシャル・アインシュタイン消えた天才脳を追え 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる