会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:東芝の砂上の最高益とは何か

<<   作成日時 : 2018/08/09 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


東芝の砂上の最高益とは何か


また随分と、むず痒い分析をしてきたものだなと感じる。
【資料1】日本経済新聞2018年8月9日
  • 東芝 砂上の最高益
    純利益1兆円でも成長戦略見えず

「砂上」というのは、どういうことを言い表しているのだろう。

次の関連記事で、私(高田直芳)は、分析するにあたって、虚数解という用語を用い、それを図解しました。
【資料2:関連記事】

具体的な式や、その式に基づいて描いた図表などがないと、分析も単なるレトリックで終わってしまう。
【資料3】日本経済新聞2018年8月9日

8日の決算会見で平田政善・最高財務責任者(CFO)は「固定費の削減などを全力で進め、収益性を高めていく」と説明。


いや、今の東芝には、削減して即効性が期待できる固定費はないはず。
固定費削減という御題目で、物言う株主の不満を抑えられるのだろうか。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:東芝の砂上の最高益とは何か 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる