会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 税理士 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:日常生活に潜む三角関数の世界

<<   作成日時 : 2018/09/19 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


日常生活に潜む
三角関数 \(\displaystyle \large \sin \theta \) の世界



過日、公認会計士業務の一環として、某公共施設を視察。
防火設備などの説明には馬耳東風で、実は、別のことを楽しみにしていました。

建物の外側に立つ。
あった、あった、ありました。
建物に付属したその減価償却資産を、しばし仰ぎ見る。

職員から「どうかされましたか?」と声をかけられる。
説明しても詮ないことなので、「いえ、どうもしません」と答えて、らせん階段を上っていきました。


その公共施設で何を確認して、楽しんだかというと、らせん階段です。
これは、少し離れた位置から見ると、きれいな正弦曲線(サインカーブ)を描いているのがわかるのです。

ただそれだけの話。


次の関連記事では、某県知事が「高校教育で女子に(三角関数の)サイン、コサイン、タンジェントを教えて何になるのか」(日本経済新聞、2015年8月29日付)と発言して、物議を醸した話を紹介しました。
【資料1:関連記事】

なんの、なんの、三角関数は日常生活のあらゆるところに潜んでいます。

例えば、DNA遺伝子。
例えば、服の型紙。


小学生時代の家庭科で、服の型紙を作ったことがありました。
そのとき、型紙に妙な曲線がありました。

この曲線の正体が、サインカーブだと知ったのは、高校で三角関数を学んだとき。
型紙を、くるっと巻いて円柱にすると、袖になる、ということを、数学の教師が教えてくれた。

あのときの感動は今でも、よく記憶に残っています。

もちろん、現在でも悩まされる正弦曲線といえば、次の関連記事で紹介しているように、企業の季節変動であることは、いうまでもありません。
【資料2:関連記事】
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:日常生活に潜む三角関数の世界 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる