会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 税理士 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:13か月決算と善意の粉飾決算

<<   作成日時 : 2018/09/21 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


13か月決算と
善意の粉飾決算



12か月決算ではなく、13か月決算の話です。
企業実務に携わる人であれば、わかる話。
実務を知らない人には、わからない話。

要は、12か月目までは通常の月次決算を行ない、決算整理仕訳や再振替仕訳を13か月目で入力する仕組みです。

翌期更新を行なったとき、13か月目の再振替仕訳が、翌期に引き継がれます。

現在の会計システムは優秀なので、13か月決算の機能は当然装備されている──、と思っていると足をすくわれる。

稀に、その機能を有していない会計システムがあって、「あれっ?」と面食らうことがあります。

業歴の古い大企業では「あれっ? あれれっ?」を連発することがあります。

ところで、中堅中小企業の経理で、自計化と称して13か月決算に手を出すのは、個人的には好ましくない、と考えています。

なぜなら、「善意の粉飾決算」に繋がる可能性が高いから。
【資料1:関連記事】

「ヒトの善意」が、どれほど厄介なものであるかは、次の拙著301ページで説明しました。
決定版
新・ほんとうにわかる経営分析

高田 直芳〔ダイヤモンド社〕
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

なぜ、こういう話題を持ち出したかというと、立て続けに「善意の粉飾決算」に遭遇したから。

諸口勘定を利用した粉飾決算とは、別の世界です。
【資料2:関連記事】

例えば、前期まで、地代家賃を年払いにしていたとしましょう。
これを月次決算に取り込むには、毎月、未払金を計上し、13か月決算で精算することになります。

当期になって、月払いの契約に変更したとしましょう。
この場合、善意の人たちは、善意であるが故に、前期に倣って、毎月、未払金を計上していきます。

そうすると、13か月決算では、どうなるか。
実に奇妙な決算書を、目の当たりにすることができます。

これと似た事例は、源泉所得税などでも観察することができます。
【資料3:関連記事】

善意の粉飾決算に手を染める人に「なぜ、こうしたのか」と問うと、全員が次の答えかたをします。
【資料4】

前から、そうしていたから。

前任者から、そう教わったから。


これが、善意の粉飾決算です。


前期までと同じ会計処理を行なって、それにより当期に奇妙な決算書ができあがっても、それは地代家賃の契約に問題があるのであって、会計処理に問題はない、という理屈。

もし、前期と異なる会計処理を行ない、「前期と当期で大きな増減があるのは、なぜだ」と詰問されて、継続性原則の責任を問われるのは困る。

つまり、善意の粉飾決算の多くは、前期までの会計処理や契約形態などに「人格」を与えて、彼に責任を転嫁するものです。


まぁ、現場がそういう態度をとるときは、経営者も似たような論理を繰り出しますがね。

会社の儲けが増えない会計処理は無視し、水増しが可能な会計処理に拘る。
これが高じると、悪意の粉飾決算になる。

善意と悪意が入り交じり、これに13か月決算が乱入すると、病膏肓に入った決算書ができあがる。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:13か月決算と善意の粉飾決算 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる