会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:企業の監査は必要悪だと開き直ってみる

<<   作成日時 : 2018/09/23 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


企業の監査は必要悪だ
と開き直ってみる



2018年9月23日付の日本経済新聞では、欧米で粉飾決算の見落としが相次ぎ、「企業決算にお墨付きを与える会計監査の世界大手『ビッグ4』に再び批判が高まっている」とありました。
【資料1】日本経済新聞2018年9月23日
  • 監査不信再び 「10年周期説」に現実味
    「資本主義の負担」解見えず。

直接のきっかけが建設2位カリリオン社の破綻だ。公共サービスに民間資金を生かす「PFI」発祥の地で、病院や道路などを多く手掛ける大手。

それが突如、15億ポンド(約2300億円)の負債を抱え清算されたとあって、批判の矛先がKPMGの監査に向かった。


上記【資料1】にあるPFIについては、次の記事を参照。
【資料2】日本経済新聞(きょうのことば)2018年1月4日
  • PFI―公共施設、民間が整備・運営

公共施設の整備や運営を民間が担う手法。英語の「Private Finance Initiative」の略。インフラの建設や運営に民間の資金やアイデアを生かし、低コストで質の高い運営を促すしくみ。


監査を担う側にも弁明の余地があります。
上記【資料1】記事の中段で述べられているように、監査は、企業の決算書を担保するプロセスにすぎないからです。
【資料3】日本経済新聞2018年9月23日

投資家は会社の不正を見抜けというが、監査とは決算書類が適正に作られている確認を行う作業であり、万能ではないとの主張だ。


監査制度の最大の弱点は、上記にいう「担保」にあります。
すなわち、監査というのは、後から取って付けた担保物だということ。

対応が常に、後手に回る。
殺人事件が一通り起きた後に真犯人を探り当てる、金田一耕助みたいなものだといえるでしょう。


解決策を見出すとしたら、事件が起きる前に、どれだけの予防線を張れるか、にあるといえます。
いわゆる「予防監査」。

こいつがまた難しい。
【資料4】日本経済新聞2018年9月23日

成長率の高い好況時には企業がその前提の下、設備投資やM&A(合併・買収)を実行。

監査する側も足元の延長線上で妥当であれば問題視しにくい。


しかし、問題視する目線に「理論上の瑕疵」があった場合は、どうなのか。

瑕疵があるから、上記【資料1】にあるとおり「突如」として現われるのさ。


本ブログでは次の関連記事などで再三、企業が策定する設備投資計画やM&A計画には「理論上の瑕疵」があるぞ、と警告を発してきました。
【資料5:関連記事】

M&Aなどの投資の採算性を検討するにあたっては、DCF(Discounted Cash Flow)やROIC(Return on Invested Capital)などがあります。
これらは「とびとびの複利計算」であり、通年では単利計算構造で企業活動を問題視しているにとどまる。

それに対し、現実の企業活動は、次の受賞論文で指摘しているように、「日々無限に連鎖する複利計算構造」を有しています。
【資料6】
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文
『会計学と原価計算の革新を目指して』(PDF32枚)
執筆者(受賞者)公認会計士 高田直芳


日本公認会計士協会 研究大会 発表論文
『管理会計と原価計算の革新を目指して』(PDF12枚)
執筆者(発表者)公認会計士 高田直芳

無限連鎖の複利計算構造を内蔵する企業活動を、年に1回(四半期であれば年に4回)の単利計算構造で解析して予防線を張ろうというのでは、結果が見えている。
【資料7】日本経済新聞2018年9月23日

実際には常にバブルがはじけ、資産価格が下がり「時価」へと修正を迫られる。その繰り返しだ。


DCF、NPV、ROICなどには「理論上の瑕疵」がある。
それに気づかないから、同じ過ちを何度も繰り返す。
その愚かさに、いい加減、気づいたらどうなのか。

打つ手がないのなら、いっそ「監査は必要悪だ」と開き直ってみてはどうだろう。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:企業の監査は必要悪だと開き直ってみる 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる