会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:ノーベル経済学賞について

<<   作成日時 : 2018/10/08 20:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


ノーベル経済学賞について


経済学賞の発表により、サミットとノーベル賞が大好きな、日本のメディアによる狂騒曲も一段落。

そうかぁ、今年は、気候変動と結びつけた経済理論なのか。
【資料1】NHK NEWS WEB 2018年10月8日

ノードハウス氏は温暖化などが経済成長に及ぼす影響を数値を使って分析する新たなモデルを開発し、一時的には成長のブレーキになっても炭素税などを徴収して速やかに対策を取ったほうが結果的にメリットは大きくなることを理論的に明らかにしました。


昨年は、心理学と経済学を合わせた行動経済学。
今年は、気象学と経済学を合わせた環境経済学。
学際的研究の傾向が強まっているようです。
【資料2】weblio辞書

(学際とは)研究が複数の学問分野にかかわること。


ノーベル経済学賞に関しては、様々な批判があるようですが、それはニッポン人の経済学者が受賞してから論ずべきもの。

とりあえず、次の記事が、ノーベル経済学賞の履歴を要約して優れているので、参考として掲げておきます。
【資料3】

上掲【資料3】の記事にもあるように、個人的には、くわえ煙草で思考するジョーン・ロビンソン(1903〜83)の独占的競争が、理論上、最も論理的で好きでした。

彼女がヘビースモーカーであったという逸話は、かなりの経済学マニアでないと知らないだろうなぁ。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:ノーベル経済学賞について 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる