会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:日産自動車のゴーンマジックとは何だったのか

<<   作成日時 : 2018/11/20 02:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


日産自動車のゴーンマジック
(日産リバイバルプラン)
とは何だったのか



下記【資料2】は、私(高田直芳)が、ダイヤモンド・オンラインというサイトに寄稿していた『大不況に克つサバイバル経営戦略サバイバル経営戦略』の原文です。

2014年10月10日付のものであるにもかかわらず、いま読み返しても色褪せていないところが、どうにもむず痒い。

ちなみに、下記【資料2】を叩き台として、受賞の栄誉を受けたのが、次の【資料1】。
【資料1】
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文
『会計学と原価計算の革新を目指して』(PDF32枚)
執筆者(受賞者)公認会計士 高田直芳


日本公認会計士協会 研究大会 発表論文
『管理会計と原価計算の革新を目指して』(PDF12枚)
執筆者(発表者)公認会計士 高田直芳

だから、下記【資料2】には、他の関連記事に比べて、強い思い入れがあります。
ご一読まで。

【資料2】

これも「ゴーン・マジック」なのか?
3期連続で増収「減」益を繰り返す
日産自動車の不可解



最初に、簡単な「会計マジック」を紹介しよう。

来期(第101期)から第104期まで、〔図表1〕のような業績が見込まれていたと仮定する。
フィクションであることを、お断わりしておく。



経営状況の先行きは、誰がどう見てもかなり厳しい。

ただし、第102期以降も、売上高が1,000億円を維持していることと、当期純利益がかろうじて黒字(+1億円)を確保していることの2点は救いだといえる。

ブランドが毀損していなければ、業績を立て直す余地があるのかもしれない。


社内ですったもんだの末、第102期の期首で、アメリカ帰りのタカダ氏が、この企業の社長に招聘(しょうへい)されることになった。

タカダ氏は、第102期の決算で、構造改革費用引当金として200億円を計上することを、経理部や財務部などに指示した。

これでは巨額の損失(+1億円プラス▲200億円=▲199億円)を計上することになり、「すわ、倒産か」と株式市場に衝撃が走ったが、タカダ氏はこの「再生計画」に自信満々であった。

なお、このフィクションは税効果会計の制度導入前である。


日本の会計制度や監査制度は
「会計マジック」を許容する?


「会計マジック」は、ここからが本領発揮である。

タカダ氏は、監査法人を手玉に取り、第103期のときに「引当金取崩益100億円」を計上し、第104期のときも「引当金取崩益100億円」を計上した。

その結果、第104期末までの業績は、〔図表2〕のように着地した。



第103期以降の業績を「V字回復」という。

これによりタカダ氏は「中興の祖」と崇められ、第104期の終わりに多額の役員退職金を受け取って、「ニッポンのミナサン、サヨウナラ」と、再びアメリカへ旅立ったのである。


いま紹介したフィクションについて、常連の読者であれば目が肥えているので「そんな、人を食った話があるか!」と憤るはずだ。

ところが、「会計知のない人々」は〔図表 2〕を見て、「タカダ・マジックだ!」「見事なV字回復だ!」「タカダ氏は、名経営者だ!」と絶賛することになる。

日本の会計制度や監査制度というのは、企業が無理を通そうとすれば道理が引っ込んでしまうリスクを抱えている。

それを、会計知のない人々やメディアなどが、絶賛する風潮があることを知っておくといいだろう。


増収「減」益を説明できない間抜けなモデル

さて今回は、ニッサン(日産自動車)を扱う。

このところ、国際人材流出の話題がかまびすしいし(日本経済新聞2014年9月6日)、2014年4月以降の業績もパッとしない。

本当にパッとしないのだろうかと、2014年3月期以前の業績を遡って並べてみたところ、「おや?」と首を傾げる解析結果に出くわした。

ニッサンに、過去数期にわたって「妙な意図」があったことを窺わせるのだ。
それを以下で検証することにしよう。

キーワードは「増収&減益」である。


増収減益とは、売上高が増えているのに、利益が減ることをいう。
売上値引きや、販売代理店へのリベートなどが、その要因だ。

自動車業界では、インセンティブ(販売奨励金または報奨金)と呼ぶ。

増収減益には困った問題がある。
現在の会計学では、増収減益を「理論的に説明できない」のだ。

次の〔図表 3〕で説明しよう。



〔図表 3〕を、CVP図表(または損益分岐点図表)という。

管理会計や経営分析などの書籍では必ず紹介され、ビジネススクールなどでも必ず講義が行なわれる。

〔図表 3〕は、それらの世界で絶対的通説として君臨する図表である。


実際の売上高が、〔図表 3〕の横軸上にある損益分岐点売上高(点G)を超えると、青色の売上高線が、赤色の総コスト直線を上回るので、黒字決算となる。

実際の売上高が、損益分岐点売上高(点G)を超えて増加していけば、売上高線と総コスト直線との乖離は無限に広がる。線分EDで表わされる当期純利益は、無限に拡大する、と言い表わすこともできる。

すなわち、〔図表 3〕は、増収増益を説明するモデルであり、または減収減益を説明するモデルなのである。

逆にいえば、増収減益や減収増益を絶対に説明できない、間の抜けたモデルなのである。


経済学の「利潤最大化条件」とは何か

その点、経済学は「社会科学の女王」といわれるだけあって、増収増益や減収減益だけでなく、増収減益や減収増益をも説明できるモデルを持っている。

経済学の教科書では、供給曲線を右上がりの1次関数で描くことが多い。
これを「積分」すると、2次関数の「総コスト曲線」が描かれる。

すなわち、総コスト曲線を「微分」したものが、供給曲線になる仕組みだ(『マンキュー経済学・ミクロ編第3版』386ページ)。

もし、供給曲線が2次関数で描かれているならば、これを積分した総コスト曲線は3次関数になる。これは経済学の基本である。


次の〔図表 4〕は、総コスト曲線を2次関数で描いたものだ。
横軸を「生産数量」としている点に注意してほしい。



経済学では、利潤最大化条件を次のように表わす(『マンキュー経済学・ミクロ編第3版』468ページ)。



〔図表 4〕において、点Cが〔図表 5〕の条件を満たすところだ。
これは次のようにして求める。

まず、青色で描かれた売上高線の傾きは限界収入MRなのだから、この傾きをαとするならば「限界収入MR=α」になる。

次に、赤色で描かれた総コスト曲線上の接線の傾きは、限界費用MCである。
このMCがαと等しくなるのはどこかというと、〔図表 4〕の点Cになる。
このときの∠FGHは「MC=α」である。

したがって、線分ECが、最大利潤を表わすことになる。

ここから垂線を下ろした点Jを、「利潤最大化生産量」(『マンキュー経済学・ミクロ編第3版』418ページ)または「均衡産出量」(『スティグリッツ・ミクロ経済学第4版』200ページ)という。


経済学の致命的な欠点

経済学は優れた学問なのだが、〔図表 4〕や〔図表 5〕には、致命的な欠点がある。

1つめは、企業実務で役立たないことだ。

〔図表 5〕の条件を真に受けて、限界収入MRや限界費用MCを熱心に調べている企業が、世の中にはたくさんある。

限界収入MRは販売価格であり、限界費用MCは変動費率(売上高に占める変動費の割合)なので、両者が一致するところを総勘定元帳などで探し当てようとするものだ。

もし、それを実践している企業があるならば、筆者から一言。徒労に帰すだけなので、直ちにやめたほうがいい。

経済学の利潤最大化条件〔図表 5〕は、企業実務に役立つことを想定していない。
この条件を、総勘定元帳などから求めようとしても無駄である。


2つめの欠点は、総コスト曲線は、「なぜ2次関数なのか」「なぜ3次関数なのか」を、経済学は説明できていないことだ。

供給曲線が1次関数(または2次関数)だから、総コスト曲線は2次関数(または3次関数)になるのだ、というのは「なぜ」の答えになっていない。

それは“know how”にすぎず、“know why”ではないのである。

限界費用は「逓増する」から、総コスト曲線は2次関数なのだ、という説明も、“know how”にすぎない。

「限界費用逓増」が、なぜ、2次関数でなければならないのかを、経済学は説明できていないのだ。

ましてや、限界費用逓増は2次関数と3次関数のどちらなのか、といったことについて、経済学は何も答えられないのである。


企業活動は複利計算構造を内蔵するのであって

2次関数や3次関数ではない

総コストの描きかたについて、会計学は1次関数を用い、経済学は2次関数または3次関数を用いる。

それらとはまったく異なる表現方法が、次の〔図表 6〕で示すタカダ式操業度分析である。



〔図表 6〕における1つめの特徴は、横軸を生産数量ではなく、売上高としている点にある。

経済学が〔図表 4〕の横軸で生産数量を採用するのは、モデルをできるだけ単純化しようとするからだ。

しかし、いまどき、単一品を大量生産している企業など存在しない。
横軸に数量を設定するのは、いかにも「机上の空論」といったところだ。

自動車産業であれば、横軸に「台数」を設定する余地があるかもしれない。

しかし、高級車から大衆車までを十把一絡げとするのは、あまりに雑な分析である。


会計学にも経済学にも、革新的なアイデアが必要だ。
それが次の特徴になる。

すなわち、〔図表 6〕における2つめの特徴は、総コスト曲線を「複利曲線」(正確には「自然対数の底e」を用いた指数曲線)で描いている点にある。
これは筆者の実務経験に基づく。

ニッサンの帳簿組織がどのようになっているのかは知らないが、企業の帳簿をじっくりと眺めていると、「昨日稼いだキャッシュは今日へ再投資(複利運用)され、今日稼いだキャッシュは明日へ再投資(複利運用)されている」ことがわかる。

そしてこれが“know why”にもなる。

すなわち、総コスト曲線は、なぜ曲線の形状を描くのかというと、コストやキャッシュは「日々複利の連鎖からなる計算構造を内蔵している」からなのである。

限界費用はなぜ逓増するかというと、その本質は「自然対数の底e」にあるからだ。
2次関数や3次関数ではない。


企業実務の中で利潤最大化条件を求める方法

以上が筆者の「なぜ」に対する答えだ。
古今東西、いかなる会計学者も経済学者も思いつかなかった理論が、〔図表 6〕に集約されている。

特に〔図表 6〕の横軸を生産数量ではなく売上高とすることで、さまざまな一般公式や実務解を導くことができる。

そのうちの特徴の一つが、売上高線の傾き(限界収入MR)を「α」ではなく、「1」とできることだ。

したがって、総コスト曲線の傾き(限界費用MC)も「1」になるところを探せば、そこが利潤最大化条件を満たすことになる。

〔図表 6〕でいえば、最大操業度点Cが該当し、そこから垂線を下ろしたところに、最大操業度売上高Hがある。

『マンキュー経済学・ミクロ編第3版』8ページにある「第3原理:合理的な人々は限界原理に基づいて考える」が正しいとするならば、企業は最大操業度点Cを目指し、最大操業度売上高Hを実現しようとする。

最大操業度売上高Hの一般公式は、次の連立方程式を解くことによって求めることができる。



〔図表 7〕上段の連立方程式から、下段の一般公式を求める解法については、拙著『高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門』(日本実業出版社)で詳述している。

また、こうした理論をシステム化したものが「公認会計士高田直芳の原価計算&管理会計システムVer.7」である。
筆者のホームページでは、DEMO版(サンプル版)を公開している。


3期にわたるニッサンの「奇妙な現象」

以上の基礎知識を踏まえて、ニッサンの「奇妙な現象」を紹介しよう。
〔図表 3〕の絶対的通説からは決して解明されない現象である。

次の〔図表 8〕から〔図表 10〕までは、2012年、2013年、2014年の各3月期における4四半期を分布させたものだ。

点Aから点Dまでは、〔図表 6〕に対応している。縦軸と横軸はすべて15兆円で揃えている。







最初に確認しておきたいのは、〔図表 8〕から〔図表 10〕までにある点Cは最大操業度点であることだ。
ここから垂線を下ろしたところに、各期の最大操業度売上高を表示している。

2014年3月期を例に取るならば、基準固定費は〔図表 10〕の縦軸(3兆7967億円)で表わされる。

総コスト曲線は次の〔図表 11〕(2)で表わされる。
なお、〔図表 11〕では、表計算ソフトExcelに倣い、EXP関数やLN関数を使用している。



〔図表 11〕の最終行にある11兆3882億円が、〔図表 10〕の最大操業度売上高になる。

表計算ソフトExcelで確かめていただきたい。


製販でもがくニッサンに起死回生のマジック再び

〔図表 8〕から〔図表 10〕までの3期間に共通する現象として、最大操業度点Cよりも右上に、緑色の点が1個だけ分布していることを指摘できる。

各期の第4四半期(1月〜3月)である。第1四半期から第3四半期までは、最大操業度点Cよりも左下にある。

これらの解析結果から推論できることは、ニッサンでは過去3期間において、第4四半期になると増収「減」益の経営戦略を採用していることになる。

要因としては、ディーラーへのインセンティブ(奨励金または報奨金)が、第4四半期に集中して行なわれているのかもしれない。


自動車業界のインセンティブは、すさまじいようだ。

2009年から2010年にかけて、トヨタ自動車が米国で大規模リコールに追い込まれたとき、米ゼネラルモーターズが巨額のインセンティブを投入して、「トヨタ車からの乗り換えキャンペーン」を展開したのは有名だ。

ニッサンの場合、1期だけならともかく3期連続ともなると、最高経営幹部からの指示で、第4四半期限定で「規則正しい増収『減』益」の経営戦略が採用されていることになる。

これはマジックでも何でもない。
次の2つの問題をはらんでいる可能性がある。

1つめは、日産のインセンティブが他社よりも多いのは、以前から指摘されているところであり(日本経済新聞2013年12月17日)、インセンティブが多いということは、人気車種が少ないことを自白しているようなものだ。

ニッサン本体の「企画・開発・製造」にかかわる問題である。

2つめは、第4四半期にインセンティブが集中するということは、裏を返せばニッサンでは、第1四半期から第3四半期まで、ディーラーに資金繰りを負担させていることになる。

半年以上も資金繰りに耐えられるディーラーが、どれだけいるか。
これは「販売」の問題である。

通期だけの分析であれば、ニッサンは他社に比べてインセンティブが多い、という月並みな評価にとどまる。

四半期ごとに展開することによって、第4四半期で異様に突出した姿が浮かび上がる。

その第4四半期にインセンティブを集中させる経営戦略は、黒田日銀がすすめる「量的緩和」を巧みに利用した「起死回生のマジック」だといえなくもない。

これを利用して、体力のあるディーラーを選別しようとでもいうのだろうか。

3期連続で「最大操業度点C」を超えようとする経営戦略は、マンキュー教授が示す「合理的な人々は限界原理に基づいて考える」と相容れない。

1999年に発表された「日産リバイバルプラン」以降、ニッサンの経営戦略は、どうにも非合理に映る。

「人間は遠い将来よりも近い将来の利得を優先させます」(日本経済新聞2014年10月1日「やさしいこころと経済学」)という「限定合理性」の概念が、行動経済学にはある。

しかし、ニッサンほどの企業が、3期連続で「近い将来の利得」を追いかけているとは考えにくい。
「ゴーン・マジック」と呼ぶには、どうにも解せぬ。

筆者の見解は、ひねくれているだろうか。
どう転んでも好意的に解釈されないのが、ニッサンのつらいところかもしれない。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:日産自動車のゴーンマジックとは何だったのか 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる