会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:関係者の話によると

<<   作成日時 : 2018/12/01 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


関係者の話によると


日本経済新聞で、先月(2018年11月)1か月間において「関係者によると」や「関係者の話」のキーワードで検索すると、183件もヒットします。
この件数の多さは、日産自動車関連のものであることは、いうまでもありません。

それにしても、事件に群がる関係者の、何と多いことか。
本当にそれだけの数の関係者がいるのかな。

2018年12月1日付の朝日新聞『池上彰の新聞ななめ読み』でも、この表現に潜む危険性が指摘されていました。
【資料1】朝日新聞『池上彰の新聞ななめ読み』2018年12月1日
  • 危うい「関係者によると」

「関係者によると……」という書き方に慣れてしまうと、取材が安易に流れる危険があります。
取材源が漠然としてしまい、記事が正確かどうか、記者の上司などがチェックできなくなる可能性があるからです。


似た表現に「一般には〜」というのがあります。
管理会計や経営分析の会計の世界であれば、次の記述を頻繁に見かけます。
【資料2】
  • DEレシオの一般的な目安は、50%とされる。

  • 自己資本利益率ROEの一般的な目安は、8%とされる。

自ら実証することを怠り、机上の空論でメシを食う関係者たちの、常套句です。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:関係者の話によると 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる