会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:所得税は難しい

<<   作成日時 : 2019/01/09 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


所得税は難しい


特に今回は、配偶者の収入について、「一般」か「対象外」かの入口でスッコケた後、細かいランキングが設定されていて面食らう。
「区分T」と「区分U」の組み合わせの煩雑さ。

税制は「簡素」を旨とすべきなのに、それに逆行するかのような所得税制度。
次の記事は1年前のもの。
【資料1】日本経済新聞(政界Zoom)2018年113月日
  • 増税、なぜ会社員ばかり
    弱い組織力、声届きにくく

簡素化以外にも求められる税制の意義。
【資料2】日本経済新聞『十字路』2017年12月22日

日本の税の三原則「公平・中立・簡素」のうち、「個人や企業の経済活動における選択をゆがめない」とする中立の原則が侵されつつある。


「中立」だけでなく、「公平」については、ふるさと納税によって崩壊しています。

今年の10月から実施される消費増税。

ひどいことになるぞ、これは。
というのが、実務家の雑感。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:所得税は難しい 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる