会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:ケフィアとライザップと未来倶楽部は同じ穴のムジナ

<<   作成日時 : 2019/02/09 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


ケフィアとライザップと
未来倶楽部は同じ穴のムジナ



「またか」という気にさせられたのが、次の朝日記事。
【資料1】朝日新聞2019年2月7日

元本保証をうたって現金を集めたとして、警視庁は6日、通信販売会社「ケフィア事業振興会」の本社(東京都千代田区)を出資法違反の疑いで家宅捜索した。

多額の現金を集めたとされる同社は昨年9月に破産し、関連会社を含めた負債総額は少なくとも、のべ約1245億円、債権者は約3万7千人にのぼる。


上掲記事では、被害者の声として「真実を明らかにしてほしい」とありました。
その真実を解き明かす鍵が、次の日経記事にあります。
【資料2】日本経済新聞2019年2月7日

ケフィア社の売り上げは13年7月期の約65億円から17年7月期には約1004億円に拡大。

破綻直前の18年7月期は約800億円とされていた。

だが、同期の大半は出資金によるもので、通販の売り上げは3千万円に満たなかったという。


ケフィアは、次の関連記事で紹介したライザップの粉飾決算と同じ構図です。
【資料3:関連記事】

カラクリの基本構造は、次の関連記事で説明した、有料老人ホーム「未来倶楽部」と、まったく同じ。
【資料4:関連記事】

どこが同じ構造か、だって?
3社とも、貸方科目を利用した粉飾決算ではないですか。

これだけ立て続けに、貸方科目を利用した粉飾決算が露見しているようでは、世の中にはかなりの数で、同様の取引が潜伏しているものと推定されます。


この低金利・低成長の時代、座して禄を食むだけで年率10%の利回りが得られるビジネスなど、あるわけがない。
【資料5】毎日新聞『余録』2018年9月5日

干し柿やヨーグルトなどの加工食品のオーナーとなれば半年ほど後に10%程度の利息をつけて買い戻すとうたった通信販売会社の破産である。

このケフィア事業振興会なる会社、昨年から契約者への支払いが滞り、各地で被害対策弁護団が結成された。


上掲の毎日『余録』は「渋柿の方が甘柿よりもはるかに糖度が高い」ことを説明していました。


やなせたかし『わたしが正義について語るなら』に、次の一節があります。
【資料6】やなせたかし『わたしが正義について語るなら』ポプラ社

ばいきんまんは一見して、ばいきんまんと分かる変身の仕方なんだ。

ジャムおじさんに変身すると、みんなが「あ、ジャムおじさん」と騙される。アンパンマン側の人は人がいいんです。

わたしが正義について語るなら
やなせたかし〔ポプラ社〕
amazon.co.jpで買う

ケフィア社が作った「渋柿パン」は、情報弱者には本当に渋かった。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:ケフィアとライザップと未来倶楽部は同じ穴のムジナ 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる