会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:大化の改新とリンカーン大統領

<<   作成日時 : 2019/03/16 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


大化の改新と
リンカーン大統領



先日、高校数学の参考書を見るついでに、世界史と日本史の参考書を手に取ってみた。

驚いたのは、米国第十六代大統領は、「リンカーン」ではなく、「リンカン」と呼ぶようになっていること。

本当か?
疑問に思って、帝国書院のサイトを見ると、「社会科Q&A−歴史」において、その第23番目(Q23)に次の説明がありました。
【資料1】帝国書院「Q23」

時代は、ものすごい早さで動いているのだなと。

これと似たものに、「大化の改新」があります。
現在では「乙巳の変(いっしのへん)」と呼ぶのが正しい。

「大化」はニッポン国の最初の元号ですが、「改新」が行なわれたのはずっと後のこと。

中大兄皇子らが645年に起こしたクーデターは、政権を奪取しただけであって、「改新」ではないという理屈らしい。
元号というのは、なかなか難しい。

元号といえば、「昭和百年問題」というのもあるそうです。
ニッポン特有の、プログラム誤作動の問題です。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:大化の改新とリンカーン大統領 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる