会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:翻訳アプリの精度

<<   作成日時 : 2019/03/27 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


翻訳アプリの精度


小学校教科書の検定結果に関連した話題として、読売新聞に、国連の事務次長をつとめた明石康氏のエピソードが紹介されていました。

氏は、英語学習で大変な苦労をされたらしい。
【資料】読売新聞「編集手帳」2019年3月27日

出身の秋田なまりが発音ににじんでしまい、教授から「君のはイイ語だ」とからかわれたという。


先日、ゴルフ練習場で、知人が「翻訳アプリの精度が低い」と嘆いていた。
どれどれ、ということで、私がそのアプリに話しかけたら、ちゃんと英語と仏語に翻訳された。

ところが、彼が同じ日本語をアプリに話しかけると、意味不明の外国語に訳された。
翻訳の精度が低いのは、アプリのせいではなく、「栃木なまり」のせいなのだと、その場のみんなが納得した。

日本人が外国語学習に億劫になるのは、「読み」「書き」「聞く」よりも、「話しかた」に難があるようだ。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:翻訳アプリの精度 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる