会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:確定申告シーズンは忙中閑あり

<<   作成日時 : 2019/03/06 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


確定申告シーズンは
忙中閑あり



ブログでは書けない面白いネタが、今年の確定申告でも、たくさんありました。
内輪話にしかできないのが残念です。

忙中閑あり。
今月は、今日(3月6日)までで6冊の小説を読破。
世間がどれだけ読書離れを嘆こうとも、自分のペースを守るだけ。
【資料1】日本経済新聞2019年2月27日
  • 読書二極化の傾向 本離れ?

確定申告書を捌(さば)いているとき、ふと気づいたのは、税務署へ提出する口座振替依頼書って、マイナンバーを記載する欄がないのだなと。
銀行に、マイナンバーを教えるわけにはいかないからなのでしょう。

口座引き落としの誤りが起きないのかと心配になってしまう。
税務署のやることだから、大丈夫なのでしょう。

日本年金機構のやることとは違う。

そういえば、税務署と年金機構とを統合して、歳入庁を設立する話は、どうなったのか。
【資料2】日本経済新聞2015年8月3日

民主党政権末期の12年夏。政府はマイナンバー導入を前提に歳入庁構想の「本格作業に着手する」としたが財務省や厚生労働省が反発。

安倍政権発足後に棚上げになった。


年金機構と一緒になるのは、迷惑だったか。

いや、財務省も厚労省も、予算と権力を手放したくなかったのでしょう。
民間にはわからない思惑が、たくさんあるようです。
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:確定申告シーズンは忙中閑あり 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる