会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 高田 直芳

zoom RSS 万葉集もいいけれど

<<   作成日時 : 2019/04/13 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


万葉集もいいけれど


個人的によく蒐集しているのは、百人一首の書籍のほう。
いろいろ買い漁っている中で、次の1冊がお気に入り。

上掲書の出版年は1987年であり、百人一首のハウツー本としてはかなり古い。

藤原定家が編纂した時代(鎌倉時代前期)から換算すれば八百年近くの歳月が流れているので、これくらいの古さは関係ありません。

先日、映画『ちはやふる・結び』がテレビで放映されていました。
カルタが、しゅるしゅると宙を舞う。

詩人・金子光晴の随筆によれば、カルタを天井まで飛ばす二枚目は、女性に特にモテたのだとか。
真似していくら試してみても、天井まで飛んでいった例しがない。

今の競技大会は、瞬殺でカルタを取るので、天井まで飛ばす妙技は見られません。


瞬殺といえば「むすめふさほせ」。
これらは、百人一首では「一字決まり」といい、「む」と聞いただけで、「きりたちのぼる」を取りに行かないといけない。

名人ともなると「む」ではなく、子音の「m」で寂蓮法師にパッと手が伸びるというから、ド素人には手が出せない。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


万葉集もいいけれど 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる