会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 税理士 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:創造や革新を怠る会計

<<   作成日時 : 2019/05/18 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


創造や革新を怠る会計


十連休は、ほとんど仕事で費やしました。
連休明けの週末も、仕事漬け。

さすがに5月17日の夜は外部との連絡を謝絶し、将棋名人戦第4局の実況中継を堪能しました。

豊川孝弘七段の、相変わらずのダジャレ解説に、拍手喝采。
藤井猛九段の、独特の言い回しに、唸ることしばしば。

人工知能AIの対局では、これほどの感動は生まれない。
【資料1】毎日新聞「余録」2016年10月14日

将棋ソフトとの対局に敗れた米長邦雄永世棋聖は、コンピューターが棋士の力を超える日について記した。

「その日が来ても、棋士が将棋を指す姿、脳みそを振り絞って考える姿、人間の苦悶する姿勢、対局に打ち込む集中力──そうしたもろもろを含めてプロ棋士という存在が人々から尊敬され、愛され、ファンの心をつかみ続けることを、私はただただ望んでいます」


藤井九段の棋風は、大のお気に入り。
「藤井システム」という、居飛車穴熊対策として編み出された戦型は、あまりに独創的であり、実務家としてもその姿勢は見習うべきもの。

もちろん、現在では、藤井システムを打破する方法が編み出されているのは、将棋ファンの知るところ。


将棋などのプロの世界では、同じ指し手を繰り返しては必ず負ける。
だから、プロ棋士は毎局、新手に知恵をしぼる。
会計の世界は、どうなのだろう。

聴講者や受験者は毎年変わる。
だから、講義する側や出題する側は、何十年にもわたって同じ講義録や問題集を使い回すという「怠慢の構図」が蔓延(はびこ)る。

現代の管理会計論や原価計算論において、穴熊というか、重箱の隅をつつくというか、独創性や革新性を怠る話が多いのも肯けるのであります。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:創造や革新を怠る会計 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる