会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 税理士 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:陰謀史観と非財務情報

<<   作成日時 : 2019/05/26 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


陰謀史観と非財務情報


このところ新聞紙上を賑(にぎ)わせているものに、陰謀史観(または陰謀論)と呼ばれるものがあります。

的確に論じているのは、次の記事あたりか。
【資料1】朝日新聞2018年12月4日
  • (呉座勇一の歴史家雑記)

    百田氏新作、過激と言うよりは


この一年で、次のような場外乱闘まで起きる事態。
【資料2】毎日新聞「社説」2019年5月22日
  • 幻冬舎社長のツイート なぜ不快感を与えたのか

議論が沸騰するたびに「なるほどぉ〜、今度はそう主張するか」と、歴史ファンとしては興趣をそそられます。


歴史を語るとき、史実に基づくのは重要ですが、その史実に信頼が置けるかどうかは別問題。

歴史の糸は、勝者によって紡がれていくものだから。
敗者は常に、悪く描かれる。


例えば、明智光秀が、本能寺の変で謀反を起こした動機について──。

宴席で織田信長から侮辱されとか、領地を召し上げられたからだとか。
公家などによる陰謀説もあるようです。

しかし、どれも決定的な動機とはされていないことから、百家争鳴の陰謀史観が流行(はや)ることになります。

数値の裏付けのない話は、読む側の力量が求められるといえるでしょう。


陰謀史観の話と五十歩百歩の感があるのが、非財務情報。
【資料3】日本経済新聞2019年2月4日
  • 非財務情報開示広がる ESG対応など 約400社が統合報告書

デサントやLIXILの記事を読んでいると、企業経営は「資本の勝者」によって語られるものであることがよくわかります。


非財務情報の難点は、記述されている内容の是非が判断できないこと。

ネット上に溢れる非財務情報を、人工知能AIによって解析すればいいだろう、というのは機関投資家の発想であって、個人投資家としては興趣が削がれる。

次の受賞論文にある「タカダ式操業度分析」などを用いて──、
【資料4】
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文
『会計学と原価計算の革新を目指して』(PDF32枚)
執筆者(受賞者)公認会計士 高田直芳


日本公認会計士協会 研究大会 発表論文
『管理会計と原価計算の革新を目指して』(PDF12枚)
執筆者(発表者)公認会計士 高田直芳

毎週末に、財務情報に基づいて地道な解析処理を行ない、中期長期の投資戦略を練るのが、個人投資家のスタンスといえるでしょう。


ところで、この三月期の決算短信に掲載されていた財務情報を、上記の受賞論文の方法で解析しているとき、ある上場企業に「おや?」と首を傾げざるを得ないシグナルが表われました。

非財務情報を読むと、何ら問題はない。
もし、財務情報に「粉飾」の可能性があるのなら、非財務情報のほうは「虚飾」に彩られている可能性がある。

エリート幹部が作成した統合報告書に躍らされて、実情を知らぬは経営者ばかりなり、か。

〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:陰謀史観と非財務情報 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる