会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia
© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文 (PDF 32枚)
『会計学と原価計算の革新を目指して』
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文 (PDF 12枚)
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳
上記研究大会のパワーポイント資料は、こちら。
関東信越税理士界『論陣』掲載論文(PDF 3枚)
『有償支給取引と循環取引に内在する
 税務リスクについて』
執筆者 税理士 高田 直芳

zoom RSS 公認会計士高田直芳:複利を知らないとフラット35を悪用した不動産投資に騙される

<<   作成日時 : 2019/05/04 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


複利を知らないと、フラット35を
悪用した不動産投資に騙される



被害が拡大しつつある中で、今ごろ記事に取り上げても遅いだろうに。
【資料1】朝日新聞2019年5月4日
  • フラット35悪用し投資 「住む」偽り賃貸用に
    業者「借金帳消し」若者勧誘

同旨は、毎日新聞でも取り上げられていました。
【資料2】毎日新聞2019年2月17日
  • 投資知識ない若者がターゲット
    サブリース悪用の勧誘広がる

フラット35やサブリースが、金融知識のない若者を相手に悪用されている噂は、数年前から流れていました。

新聞に取り上げられる段階では、被害はかなり拡大しているといえるでしょう。

ニッポンの学校教育で足りないのは、金融や会計の仕組みを教えないことにあります。

例えば、日本銀行の次の調査によると、高校生で「複利」という言葉を「聞いたことがない」と答えた割合は、50.9%にのぼるそうです。
【資料3】

複利計算が「ほぼわかる」と回答した高校生は、9.6%にすぎないとも。
社会に出てから、狡猾な金融業者や不動産業者に騙されるわけだ。

また、ニッポンの会計制度や経済政策で、「単利思考」が蔓延(はびこ)る理由も、これで理解できる。
【資料4:関連記事】

金融知や会計知のない若者を騙すオトナにも困ったものだが、単利思考に凝り固まって理論や制度を歪めるオトナたちがいるのもまた困った話だ。
【資料5:関連記事】
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕
会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

テーマ

注目テーマ 一覧



月別リンク

会計物理学&会計雑学講座
Accountphysics & Accounting Trivia

© TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd.

日経eラーニング


独自システム開発


高田直芳 公表論文

『会計学と原価計算の革新を目指して』
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
『有償支給取引と循環取引に内在する税務リスクについて』

高田直芳 拙著一覧


公認会計士高田直芳:複利を知らないとフラット35を悪用した不動産投資に騙される 会計物理学&会計雑学講座公認会計士高田直芳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる